STAFF BLOG

2011-2012 eb’s BODYPAD ZIP(ボディパッド ジップ)

こんにちは。

いつもeb’s(エビス)の商品を愛用していただいてありがとうございます。

今回はeb’sプロテクター・トップスのBODYPAD ZIP(ボディパッド ジップ)をテーマに記事を書きたいと思います。

以前ご紹介したBODY PAD IMPACT(ボディパッド インパクト)と比べるとパッドを少し薄くして、軽量で動きやすさを重視したモデルです。

2011-2012 eb's BODYPAD ZIP

BODY PAD IMPACTとは、背中部分の厚さが違います。

画像ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、約5mmの違いがあります。

まずBODYPAD IMPACTの背中部分
BODYPAD IMPACTの背中パッド

そしてBODYPAD ZIPの背中部分
BODYPAD ZIPの背中パッド

どうでしょうか?ボリューム感に違いがあることが伝わりますでしょうか。

早速着てみます。

私のジャストサイズはSサイズです。

2011-2012 eb's BODYPAD ZIP(ボディパッド ジップ)Sサイズ着用
※モデル:身長162cm Sサイズ着用

ちなみに、他のサイズも着てみました。

サイズ選びの参考にしてください。

2011-2012 eb's BODYPAD ZIP(ボディパッド ジップ)Mサイズ着用
※モデル:身長162cm Mサイズ着用
写真ではSサイズとの違いが分かりずらいですが、着てみた感じは若干ゆとりがあり、なおかつ着丈が長いです。

ジャストサイズはずーっとSサイズだったのに、最近太ったからかMサイズでもいいかもしれません…。(1年前と比べると+10キロ)

気をとりなおして、Lサイズにチャレンジです。

2011-2012 eb's BODYPAD ZIP(ボディパッド ジップ)Lサイズ着用
※モデル:身長162cm Lサイズ着用

最後にXLサイズです。

2011-2012 eb's BODYPAD ZIP(ボディパッド ジップ)XLサイズ着用
※モデル:身長162cm XLサイズ着用

さてさて、ウェアーを上から着てみます。(BODYPAD ZIPはSサイズ着用)

着ぶくれ感は一切なく、暖かいインナーの役割も果たします。

BODYPAD ZIP(ボディパッド ジップ)の上にウェアーを着用(BACK)
着用イメージ
BODYPAD ZIP(ボディパッド ジップ)の上にウェアーを着用(FRONT)01
BODYPAD ZIP(ボディパッド ジップ)の上にウェアーを着用(FRONT)02

もちろん吸汗速乾素材をつかっているので汗でのベタつき感が少なく快適です。

もちろん親指ループがついているのでウェアーの中でずれ上がってくることはありません。

2011-2012 eb's BODYPAD ZIP(ボディパッド ジップ)親指ループ

是非お店で試着して、動きやすさを体感してください。

詳しいスペックはこちらからどうぞ。

今年もeb’s(エビス)をどうぞよろしくおねがいします。

それでは今日もすばらしい一日を!

営業スタッフ


2011-2012 eb’s SPINAL SHIELD(スパイナルシールド)

こんにちは。

いつもeb’s(エビス)の商品を愛用していただいてありがとうございます。

台風が近づいてきていますね。

皆さん十分にお気をつけください。

今回はeb’sプロテクター、SPINAL SHIELD(スパイナルシールド)をテーマに記事を書きたいと思います。

eb's SPINAL SHIELD

硬そうでまるでカメの甲羅のような見た目、これがスパイナルシールドです。

スパイナル=背骨
シールド=楯

背中から落ちた時に硬いシェルがしっかり守ってくれるので、練習の時も思い切って攻められると思います。

装着方法を簡単にご説明します。

まず背中にしょいます。

ウエストのベルトをしっかり締めてずり上がらないようにしてください。

eb's SPINAL SHIELD
eb's SPINAL SHIELD
eb's SPINAL SHIELD
※モデル:身長170cm Mサイズ着用

あとは上からウェアーを着て準備完了。

背中部分のシェルが分かれていて意外に違和感は少ないです。

eb's SPINAL SHIELD

サイズ選びを間違ってしまうと動きづらくなったりしますので、参考までに別サイズも装着してみました。

eb's SPINAL SHIELD L size
※モデル:身長170cm Lサイズ着用

写真を見るとあまり違和感がありませんが、首の下直前までシェルがくるので多少動きづらくなります。

eb's SPINAL SHIELD
画像を加工してみました。赤枠に囲まれているのがMサイズ、下にあるのがLサイズです。

また、Sサイズはこんな感じです。

eb's SPINAL SHIELD S SIZE
※モデル:身長170cm Sサイズ着用

これだとウエストベルトが胸あたりにきてしまいます。

自分に合ったサイズの参考にしてみてください。

ちなみに、お子さんがいらっしゃる方はジュニア用もあります。

背骨はとても重要な部分ですからしっかり守ってあげてください。

詳しいスペックはこちらからどうぞ。

今年もeb’s(エビス)をどうぞよろしくおねがいします。

それでは今日もすばらしい一日を!

営業スタッフ


2011-2012 eb’s BODYPAD IMPACT(ボディパッド インパクト)

こんにちは。

いつもeb’s(エビス)の商品を愛用していただいてありがとうございます。

東京はよく晴れていて暑いですが、風が少しだけ涼しくなっています。

ちょっと秋を感じます。

今回はeb’sプロテクター・トップスのエキスパートモデル、BODYPAD IMPACT(ボディパッド インパクト)をテーマに記事を書きたいと思います。

BODYPAD IMPACT

eb’sプロテクタートップスの中でも一番衝撃吸収性にすぐれたモデルです。

せっかくのシーズンです。怪我しちゃうともったいないですもんね。

さてさて、早速着てみました。

BODYPAD IMPACT
ODYPAD IMPACT
ODYPAD IMPACT
※モデル:身長162cm Sサイズ着用

パッドの位置の微調整を繰り返し、本当に必要かどうかを検討しました。

生地もなるべく動きやすいものを使っています。

全てのパッドを2重構造で、外側を硬く、内側を軟らかくしているのでより高い衝撃吸収性を発揮します。

BODYPAD IMPACT
※内側イメージ

BODYPAD IMPACT
※外側イメージ

また、ループを親指にひっかけることで、袖がずれあがって肘パッドがずれるのを防ぎます。

BODYPAD IMPACT

エキスパート(上級者)モデルという位置づけですが、私のようなザ・テケテケスノーボーダーにもプロテクターを着ている安心感から思い切ったことができるようになるので、技術向上にも役に立つと思います。

そして、寒がりの方にもプロテクターのトップスは暖かくておすすめなのです。

詳しいスペックはこちらからどうぞ。

今年もeb’s(エビス)をどうぞよろしくおねがいします。

それでは今日もすばらしい一日を!

営業スタッフ


2011-2012 eb’s HOKAHOKA PAD(ホカホカパッド)

こんにちは。

いつもeb’s(エビス)の商品を愛用していただいてありがとうございます。

気付けばもうすぐ9月…早いですね。

事務所からの風景

さてさて、今回は2011-2012から初めてラインナップに加わったプロテクター、HOKAHOKA PAD(ホカホカパッド)をテーマに記事を書きたいと思います。

HOKAHOKA PAD

オモシロ系ネーミングだからといって、けっしてふざけている訳じゃありません。

商品名のとおり、ほんとうにホカホカと保温性抜群なのです。

まだまだ外は暑いですが着てみました。

HOKAHOKA PAD FRONT
HOKAHOKA PAD BACK
※モデル:身長172cm Lサイズ着用

着やすく、かっこいいシルエットにするために、パッドの位置や形、フードの大きさや形にいたるまで何度も調整を繰り返しました。

ようやく満足のいくサンプルが出来上がったため、はれて商品化することができました。

HOKAHOKA PAD
HOKAHOKA PAD

もちろんウェアーの下に着ていただいてプロテクターとして使っていただきたいのですが、パッドをはずして、山への行きかえり、トリップ先での部屋着、室内ゲレンデの簡易ウェアーとしても使うことができます。

HOKAHOKA PAD

詳細はこちらからどうぞ。

今年もeb’s(エビス)をどうぞよろしくおねがいします。

それでは今日もすばらしい一日を!

営業スタッフ