STAFF BLOG

岡山のBRIDGEPORTさんのブログより

BODYBAG入荷しました。

bridgeportさんのブログは ・・こちらより

お店の情報は・・こちら  


技巧屋さんのブログその2

技巧屋さんのブログはこちらより


BOOHEL PACK 来週入荷

お待たせしております。

ヘルメットもブーツも分けて収納できる大容量のバックパック

「BOOHEL PACK」

は来週の入荷となります。

BOOHEL PACK(ブーヘルパック)の詳細は・・・ こちら より

よろしくお願いいたします。

 


ライダー情報更新(風間琉奈)

eb’sライダーの風間琉奈の情報をアップデイトしました。

今シーズンの使用アイテムも掲載してます。→ こちら

その他のライダーの使用アイテム情報も随時更新の予定です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 


MSPでも自作ボード・・

こちらはすでに3本目ということです。

もうすでに職人技の世界ですね。

詳細は SHOPのブログにて・・・こちら より

MSP静岡さんのお店情報は・・・こちら より 


レザーグローブ

ご注文いただいた販売店さんへの納品も佳境に入ってまいりました。

先日、納品先様より画像付きのメールが届きました。

(スマートフォンの普及とそのカメラ機能の向上は、このような場面でも大きく役立っています。すぐに状況を確認して回答を連絡することが可能になりました。)

お店からの確認は・・・

「納品されたグローブですが、色合いや質感がそれぞれ違うのですが、これは不良品でしょうか?」

上記の画像が添付されていました。確かにそれぞれの質感は異なっています。

eb’sのグローブで使用されているレザーは、本革(つまり動物の皮膚をなめした加工もの)を使用しています。当然、一頭に対し、背中から脇までの広い範囲を使用することになります。当然ですが人間の皮膚に於いてもですが、動物の皮膚もつるつるした箇所やざらつきのある箇所もあります。つまり、取る部位により多少の質感の違いが出てきてしまうのです。

しかし、これらの状態は、不良品でもクレーム品でもございません。すべて同じ厚さの素材を用い、同じ染色と撥水加工を施した、同じグローブなのです。

これらの状態は「レザーが本来もつ特性」とお考えください。

当然、グローブなので左右で一組になります。もちろんですが左右で大きな差が出ないように、制作の段階で、裁断・縫製と組み合わせ時に十分注意しながらセットアップしています。

それでも、まれに若干の質感の異なる商品が出てしまうことも考えられます。

このような状態は、一つ一つのグローブがそれぞれに持っている「個性」とお考えいただき、ご理解いただきご使用くださいますようお願いいたします。

その「レーザーの個性」を取り除いてしまう事は、私たちの望むところではございません。それは、私たちが皆さまに「暖かく快適なグローブ」をご提供し、スノーボードを楽しんでいただく機会を奪うことになってしまうからなのです。

お店の方にもご理解をいただきました。

今後とも弊社製品をよろしくお願いいたします。

eb’s gloveの ラインナップは こちら より

 

 

 


eb’sライダーの谷口尊人がプロデュースする・・・

ピーカンファクトリーのミトングローブはこの絵型だけの販売で既に予約完売している。

凄いの一言。

P-factoryへ訪問・・・・こちら

谷口尊人の情報は・・・・こちら


長野のシュナイダーでは・・

遂に自作のスノーボードが完成したようです。

詳細はブログにて

長野シュナイダーさんのSHOP情報は こちら

 


マラードクリーンプロジェクト in グランデコ 2016

恒例の 「マラードクリーンプロジェクト in グランデコ」です。

詳細はお店のfacebookにて

SnowBoardShop Mallardさんの店舗情報:福島店はこちら郡山店はコチラより

 

 


eb’s ライダーミーティング

来年の商品の企画会議が、都内某所にて極秘裏に行われました。

彼女たちライダーからのフィードバックを大いに取り入れて新製品の開発がスタートします。

eb’sライダー佐藤亜耶のinstagramより